ホークス

【球場へ行こう!! ~そして僕はホークスファンになった】 第2章

そして運命の日(笑)、'94年7月16日土曜日、対西武ライオンズとの首位攻防戦。

前日は勝ったが、この日ホークスは8回終わって2-6と負け越していた。殆どの人が負けを覚悟していたと思う。

迎えた9回裏、先頭バッターのトラックスラー(懐かしい)から5連打で1点差。そして西武バッテリーのパスボールで同点に追いついて、ツーアウトながらまだ3塁にサヨナラのランナー。

「よし、ここで終わっても延長だ!!」

と思った時左打席にたったのは松永。 もしかしたら…。

そう思った時に奇跡のサヨナラツーランホームラン!!で8x-6。

感激して泣きそうになった。だれかれともなく握手を求め合い、抱き合った。

こんな劇的なゲームを見せられたら当然ファンになるというものだ。僕ら2人は応援団にまで入ってしまった。

この時のライオンズ3連戦は3連勝。3試合とも僕はドームにいた。ああ、いたさ(笑)。

その年(94年)のシーズンオフ、根本監督(故人)からバトンは“世界の”王貞治氏に引き継がれ、99年にはダイエーホークスとしてリーグ初優勝、日本一。翌2000年もリーグ連覇を果たし、日本中が待ちわびた『ON対決』が実現。

2003年には100打点カルテット(ペドロ.バルデス、井口資仁、松中信彦、城島健司)を擁し二度目の日本一。翌年から導入されたプレーオフ制度により優勝は逃したが(2年連続1位通過)、実質パリーグ3連覇。 ホークスは一躍全国区になりセパ両リーグを通じて見ても人気球団へ。

2008年オフ。王前監督の勇退を受け新に秋山幸二チーフコーチが新監督に就任。現在、チームも急速に若返りを計っている。

若鷹たちが、再び『勝利の空』へ羽ばたく時がそこまで来ているんだ。

“ちゃんとした”優勝からは5年遠ざかっていると見るのか、それとも、ソフトバンクホークスとしてはまだ球団自体が丸5年と見るのか。

ソフトバンクホークスとしての“初”優勝もそう遠くはないはずだ。

これからも僕はホークスに魅せられ続けていく。    

*オリジナルテキスト:1998年7月28日。2008年11月12日大幅加筆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【球場へ行こう !! そして僕はホークスファンになった】 第1章

やはり僕も、子供の頃はジャイアンツファンだった(と思う)。

特別、野球ファンというわけでもなかったが『巨人の星』、『侍ジャイアンツ』を見て育ったし、プロ野球中継は、ほぼジャイアンツ戦メイン。だからセリーグ以外はほぼ知らなかった。

だから、初めて観に行ったのもジャイアンツ戦だ。確か、中学2年生だったと思う。もっとも、それは公式戦ではなかったが。そして、なにごともなく無事ジャイアンツファンを続けるはずだった。あの夏までは…。

18の夏。僕は大阪で仕事をしていたんだ。その前年、タイガース優勝。空前の虎フィーバーが起きていて、その18の夏も前半線は確か好調だったと思う。ランディ・バースがいたころだ。

7月のある水曜日。仕事が終わり、ちょうどチケットが余っているということで甲子園(球場)に行かないか?との誘いがきた。4月に大阪に出てきたばかりの僕は特に予定もなかったので、その誘いを受けた。相手はジャイアンツで先発は“阪神ファンの敵”怪物江川。

一塁側内野スタンドが僕の席。ライトスタンドだったらもっと凄かったんだろうが、それでも独特の雰囲気。

経過は覚えていないがタイガースの勝利。バース、掛布、岡田(前監督。’08年オフ辞任)の誰だったか忘れたが、ホームランも出た。

気が付くと僕は、六甲おろしを唄っていた。

時が流れ熊本に戻っていた僕は、あの夏の日以来強烈ではないもものタイガースファンを続けていた。

そして14年前。根本のオヤジ(故根本陸夫氏)がチームを率いていた最後の年。前年には福岡ドーム(現ヤフードーム)できたばかり。また、西武との大型トレードで秋山(現福岡SBホークス監督)らがホークス(当時、福岡ダイエー)に移籍。

’94年シーズンのホークス、前半戦は好調。当時博多出身の同僚がいて、熱烈なホークスファンのそいつに連れられ福岡ドームに行ったのが忘れもしない5月25日水曜日の対西武戦でゲームはホークス勝利。その当時はまだ“あー、おもしろかった”レベル。

今度はみんなで行こうということになって、6月2日の対近鉄(当時)戦。この日もホークスが勝った。

(翌日の先発は野茂、TV中継を観ながら“しまったあ”と思ったものだ。)

それ以来、時間が空くと僕とそいつはドーム通いを繰り返していた。

次回に続く…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなことってあるんだね。

 24日から昨日までの『鷹の祭典』、見事3連勝の我らが福岡ソフトバンクホークス!そして今日の先発投手は現在パ・リーグ最多勝争い中の杉内。

 こりゃ、4連勝か?って感じだったんだけど、まさかの試合中止。(・_・)エッ..?ドームだよ?雨、関係ないじゃん!しかも降ってねえし。

 まぁ、相手が来ねえんじゃな。

ビビったか!タジろいだか!西武ライオンズ(笑)。

 実際には西武が載るはずの飛行機がトラブルで飛ばなかったと。

 ドーム球場なのにまさかの中止とはねぇ〜(^-^)。

| | コメント (0)

火の国決戦。

 いよいよ今日、県営藤崎台球場でソフトバンクになってから初めてのホークス公式戦が開催される。ホークス自体でも何年振りやろ?相手は現在首位の宿敵西武ライオンズ。

 ホークス先発は渚、対するライオンズは涌井。投手戦かな?主砲“男打ち”ノブヒコも復調してきてるみたいだし、TMK(多村、松中、小久保)の誰かが熊本の夜空にアーチを架けてくれんかなぁ?

 閉めは馬原だろうね。御当地凱旋投板で(^O^)。

 しかしだな。僕は観に行けんとですよ。残念がら(ToT)。

 今日の試合は熊本城築城400年祭の一貫として行われるから、来年は熊本で試合ないだろうね。

 去年が長崎で今年は熊本。来年は大分?佐賀?宮崎?鹿児島?九州シリーズはいつ実現する?九州シリーズの毎年開催を切に望む!!

| | コメント (1)

パナマザムライよ、何処へ行く…。

 
 あああああああああ。

 これ、ある人の真似ッス(^-^)。

 それにしても。ついこの前、ズレータ残留と書いたばかりなのに、急転直下?退団の可能性が強まってきたようだ。代理人によると、ホークス以外の日本の球団と契約交渉がまとまりつつあるらしい。

 あああああああああ。

 「ハカタ、サイコーバイッ!」

 あれほど博多の街を、ホークスを愛した君は、来年からはレボリューションイエローのカラーを身にまとうことはなくなるのか…?
 メジャー経験はあるものの、ホークスに来て花開いたと言ってもいい君には絶対に残留して欲しいんだが…。

| | コメント (1)

2007年型ホークス打線オーダーを考えてみる。

2007年型ホークス打線オーダーを考えてみる。

 どうやら、ズレータ内野手も残留の可能性が高まってきたので、早速、来季2007年型ホークス打線オーダーを考えてみよう。

1(中)大村
2(遊)川崎
3(右)多村
4(左)松中
5(三)小久保
6(一)ズレータ
7(DH)ブキャナン
8(二)本多
9(捕)山崎

 新加入のブキャナン外野手はメジャー通算打率258ながらも開幕までは未知数とも言えるが、3〜6番まではかなり脅威的なオーダー。

 投打ともに日本一の陣容で来季こそ覇権奪回を!!!

| | コメント (0)

ホークス=日本代表?

 昨日夕方に飛込んできたニュース(メルマガ)。

「ホークス寺原とベイスターズ多村のトレード成立。」

 多村と言えば、一時期三冠王にもっとも近い打者と言われ、先のWBCでも活躍した大砲。今季長打力欠乏から優勝逃したホークスにすれば願ってもない補強。

 テラ(寺原)は今季三年振りに白星を上げ、いよいよ来季は爆発(二桁勝利)か?と言う本格派右腕。

 両球団の思惑が一致しての今回トレード。1対1と言うところにテラに対するベイスターズの高評価が伺える。

 一部では来季オフに日本球界復帰と言われる米・マリナーズのイチロー外野手だが、恩師の故仰木氏もいない現在、WBC代表監督でもあった尊敬する王監督のもとに日本球界復帰?(根拠はない…)

 そうなればまさしくホークス=王ジャパンへ。

 WBC次回大会(2009年)は日本は代表チームとして、クラブチーム(ホークス)が出場する?(有り得んだろ!)

 それにしてもテラは鷹投の中でも好きな投手の一人。ベイスターズでも是非頑張って欲しいな!

| | コメント (1)

今 羽ばたこう 勝利の空へ♪〈決定稿〉

 『勝利の空へ』は藤井フミヤが唄う福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルソング。

 と、言うわけで?ヤフードームでホークス対北海道日本ハムファイターズのパ・リーグ2位、3位の直接対決を観戦。

 “そんな暇あるなら勉強せんかい!”

 たまにはよかろーもん!堅いこと言わんで(^-^)。

 だってさぁあ、ハムの新庄(SHINJO)、今季限りで引退だぜ?今日逃したらもう、僕は彼のプレイ見られないんだぜ。060906_182901

 ←2回表、第一打席のSHINJO外野手。この後、両チームでのこの日の初ヒットを記録。やるやんけ(笑)。

 試合は両チーム合わせても5安打の投手戦で、僅か1点を守り和田が自身最多タイの14勝目の完封勝利。いやぁ、昨日負けてハムとは僅差。今日は負けられない試合。和田、よくやった!! 060906_203502

 ← ヒーローインタビュー中の和田投手。Good Job !!

 来季分の年間指定席の発売も始まってるけど、通常はこの年間指定席発売時期(秋頃まで)にネット裏は完売する。

 翌年、シーズンが始まり試合月の二ヶ月前から一般発売開始になるけど、その時点ではネット裏はまず買えない。現在は知らんが前はそうだった。少なくともダイエー時代は。

 それが、まさかのネット裏観戦(笑)。しかも前から二列目。キャッチャー(ホークスは山崎勝己捕手)の真後ろ。「いいか、ど真ん中?だぞ(by チョーシューリキ)」。

 えー、チケット取得は僅か二日前。

 しかも、横は日ハムの、そして後ろには中日ドラゴンズのスコアラー。ご丁寧に?ホークス和田の球種を「球、来てるね」とか「あれは打てん…」とか解説してくれる(^O^)。実際はスコアラー同士の会話なんだけどなんか、ラッキー!!

 今後もネット裏観戦のチャンスはあるかもしれないが、こんな機会は多分、滅多には訪れまい。

 ノブヒコかズレータのアーチが見たかったけど、それは欲張り過ぎかな?(^O^)。ノブヒコは両チーム唯一の打点を上げたしね。

 まぁ、WBCの優勝トロフィーも見れたし、良いか!!\(^o^)/

今 羽ばたこう 勝利の空へ♪〈暫定版〉

| | コメント (2)

ホークス王監督、長期離脱。

 久々のホークスの話題だが…。

 福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(66)が5日ヤフードームでの対西武戦後に緊急会見し、胃にできた腫瘍摘出手術を受けるため今日6日東京都内の病院に入院、休養することになった。

 昨夜、午後11時前。『今から王監督が緊急会見を行う』とのメルマガが届き、それがお身体に関することと記されていたので、即、進退に関することじゃないか?とその時は思った。

 胃の不調を感じていた王監督は交流戦後に検査を受け、自身は投薬治療を考えていたが、今週月曜、医師から早めに手術した方がいいと言われて決断。精密検査後、手術は来週。

 入院期間は一ヶ月の予定。そのまま静養となると予想され、今季中の復帰には?マークが付く。来季の就去にも影響すると言われ、孫オーナーや球団の対応が注目される。

 それでも僕は、シーズン中に必ず戻って来る」との王監督の言葉を信じて復帰を待つんだ。

 監督不在の間は森脇コーチが代行を務め、合議制でチームの指揮に当たる。

 監督に心配かけないようチームのみんなも頑張ってくれるだろうし、こりゃもう今年こそは日本一!!しかねえよな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日から交流戦も後半戦。

 交流戦前半終わって9勝9敗のイーブン。明日から後半戦残り18試合。

 抜群の安定感で開幕から6連勝してきたナギサも最近調子悪いし、投げてみなきゃ分からんって、これ、10年前のホークスや?

 あの頃は工藤(現読売)や武田(WBC日本代表ピッチングコーチ。現解説者)がいて、豊彦(吉田。現楽天)、若様(若田部。現解説者?)もいたけど、工藤と武田くらいしか読めるピッチャーがおらんかった。

 今は4本柱て言いよるばってん、エースカズミくらいだろ?安心して見れるのは。スギは成績のわりに調子はいまいちだし、和田も勝ったり負けたりの繰り返し。

 そりゃ確かに調子の悪か時もある。それでも野球はやっぱりピッチャーだけんが、とにかく4人がしっかりしてくれんと。4本柱で80勝はどぎゃんなっとっと?

 野手もしっかりせんと!ピッチャーの足引っ張ってばっかりだろが?

 選手みんな頑張りよっとは分かる。でも、「頑張りました、ダメでした」じゃイカンとだけん。今シーズンは特に!!

 それから、松田は早くても夏くらいまで雁の巣に行ってきたが良かと思うけどなぁ…。アキさん(秋山二軍監督)にシゴいてもらってきたが良かよ。まだまだ力不足のごたっ。その方が彼のためバイ。

 とにかく今年は絶対優勝しかなか。プレイオフがあるけん三位までに、てまさか思っとらんだろうけど、アドバンテージが付くけん。絶対一位通過。そして、絶対優勝バイ!!

 まずは明日からの交流戦後半戦。頼むバイ、ほんなコツ!!!

 以上、純熊本弁バージョンでホークスに檄!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)