書籍・雑誌

啓発本。

 昨年10月だったと思う。書店で見掛けた『第8の習慣』と言う著書。10数年前世界中で(日本でも?)ベストセラー、当時のアメリカ大統領ビル・クリントンも推薦したスティーヴン・R・コーヴィーの著書『7つの習慣』の続編とも言えるものだ。

 『第8の〜』はいいとして、『7つの〜』は早急に読まなきゃ。当時から読み掛けのまんまだし。

 ただ困ったことに?この手の啓発本が僕は大好物ときている。実家に戻ればマーフィーだ、ナポレオンヒルだ、いったい何冊あることか。書店でこの手のを見掛けたらほぼ即購入。手あたり次第って分けじゃぁないが。

 で、現在読んでいるのが家の近くのコンビニで買った中村天風。おまけに、ちょうど一週間前、別のコンビニで更に一冊。まったく便利(コンビニエンス)過ぎるよ(笑)。

 話はここで終らないから質が悪い(笑)。

 昨年、44年振りに日本一になったプロ野球チームのアメリカ人監督や、かつて大ヒット曲を出した異邦人な人、そして銀盤の妖精と言われたあの人などがTVスポットに出ているアーサー・S・テモス財団の『POWER FOR LIVING』。気にはなってたけど、ついに申込んでしまった。

 この本が届くのが4〜6週間後。それまでに『7つの〜』はもとより、他の二冊を読覇できるのか…。

 ちなみに?メインで読んでる?のは資格本(テキスト)。

 こりゃ、読書に関しては前途多難?だなぁ。

| | コメント (1)

Time is Money.

 時間がないと言うのは何の言い訳にもならない。何かをやるための時間は作り出すものだ。

 そもそも、「これをやりたいんだけど時間が…」と言う時、これを言った人はかなりの高割合ではじめからやるつもりなんてない。

 僕は常々そう考えてる。

 ビジネス雑誌『PRESIDENT』の最新号の特集企画は“24時間の達人”。主に財界トップの方々に時間の使い方を聞いて、どうすれば有効に時間が使えるか?と言うもの。

 その中のひとつで、「仕事時間、睡眠時間、家族と過ごす時間、それらを引いても一年で2000時間は余る」と言われてた方がいた。IBMの日本法人のトップの方だ。つまり、この方の場合で一日あたり約5.5時間余る計算。

 単純に比較はできないけれど、僕らにも同様の時間はあるわけで、「時間がない」とお嘆きの(?)アナタはこの時間を何してますか?と言いたいね。

 もう言い訳は通用しないよ?(笑)。

 ん?僕?ハイ、もちろん肝に命じときます(^-^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お知らせ。

 電子出版のでじたる書房様より、初の詩集?『Soul Flower's Garden』が電子書籍として発売になりました。

 詳細は下記URLよりご覧になれます。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。

【でじたる書房 Soul Flower's Garden ページ】

http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/6369

*携帯電話からは機種によりご覧になれない場合があります。

| | コメント (5) | トラックバック (2)