« Seasons Greetings. | トップページ | As Times goes by. »

進行形

一体どうしたらいいと言うのか?瞬く間に押し寄せた自然の猛威
そして事故と言う名の犯罪が
迷路に入りこんだように


君もまた出口を見出すどころか
その先の光さえ見付けられないでいる
さらけ出され 投げ出され
気の触れたままの情景は 
今もまた混沌として 
もがけばもがくほど 
深みにはまり込んでゆく


俺はただ その中の住人として
それを眺めていることしかできなかった


日々はただ 刻々と流れてゆく


いろいろな人達が
それぞれの大義名分のもとにオールを漕いでいる
だが、少しずつ船が沈んで行っているのは何故だ?
それは俺の気のせいか? 
こんな困難な時に なぜ、
貴方たちの目指す方向はバラバラなんだ?


俺は知っている
またしても教訓を無駄にしてしまうつもりなんだな?


日々はただ 刻々と流れてゆく


もし君も気付いているなら
自分に何ができるのかをまず考えてみてくれ
そして互いのできることを
持ち寄って続けてゆこうじゃないか
それぐらいしかできないけれど
それがいちばん大きなことなんじゃないか?


俺達は生きている以上、留まるわけにはいかない
君にできることはたかが知れている
俺にできることはたかが知れている
だからこそ 手を取り合う
大地をしっかり踏みしめて


【Soulflower's Garden】 http://ameblo.jp/macopie68/


|

« Seasons Greetings. | トップページ | As Times goes by. »

ポエトリーライティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Seasons Greetings. | トップページ | As Times goes by. »